不動産査定の時期

不動産査定の時期には

不動産査定を依頼する時期

雪が多い地方では1月から3月にかけて、大雪が降っている最中は不動産査定を依頼しても断られることがあります。天候などが主な事情なため、時期をずらしてから足を運ぶといいです。6月から9月にかけての季節は、梅雨から秋雨またはゲリラ豪雨が来やすい時期でもあります。そのため、不動産査定を依頼すると、雨のため適正な査定ができないと言ってくる場合があります。10月から11月なら雨が少ないので、それまで待ったほうが無難です。

地上権とはどういうものか

他人の土地を借り、その上に建築物などをつくる権利です。地上権、借地権の両方を建物の所有するために土地を借りる借地権、借地権というと、賃借地のほうをいう。賃借地とは地主から土地を借り、建物をたて使用するのが一般的です。また、賃借地の場合は、その土地を使わなくなったら、地主に土地を返さなければいけません。地上権の場合は、土地所有者の所有権は存続しているが、その土地の地上部分についての権利を取得したといえます。現実には特殊で賃借権の方が一般的です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 不動産の運用で収益を得る All rights reserved